CM☆アイドル★新着ニュース

最新CMの話題を集めてお伝えします。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

伊勢茶:「全国第3位」の現状/4止 未来へ良質なものを /三重

FLIP THE SCRIPT/xLiberation Lab マルコム SS Tシャツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000066-mailo-l24
 ◇地道な努力でおいしさ追求
 築60年の建物が風情を感じさせる四日市市中部の茶店「位田茶舗(いんでんちゃほ)」。店内には抹茶の粉をひく臼や茶筒などが整然と並ぶ。カウンターの上の目立つ場所には「伊勢茶」と書かれた高さ40センチほどの看板が立っている。
 伊勢茶を販売できる店として県茶業会議所(津市桜橋)が定める「伊勢茶販売認証店」。看板を掲げることが許されている県内の約80店のうちの一つだ。
 店内の商品表には、100グラム300円ほどの茶から1000円以上する高級茶までが並ぶ。4代目の社長を務める位田和也さん(44)は接客方針として「必ず店でおいしいお茶を飲んでもらう」と話す。
 県茶業会議所や県農畜産室などは、位田さんが言う「おいしいお茶」を作るためにさまざまな対策を講じている。最近力を入れているのが「伊勢茶リフレッシュ運動」だ。茶の木の寿命は約100年だが、良質な葉が採れる「経済寿命」は40年ほど。県内では約2割の木が既に経済寿命を迎えており、同会議所常務理事の高瀬孝二さん(71)は「このまま植え替えないと、10年後には計約6割が経済寿命を迎える」と危機感を持つ。
 このため、県内の茶畑約3400ヘクタールのうち600ヘクタール分の木を新しく植え替え、堆肥(たいひ)を混ぜるなどして土の質も改良する。茶葉の質を良くし、20年後に伊勢茶の単価が2割高くなることを狙う。土の改良などには県から補助金が給付される...

ニュースの続きを読む


オートアート 1/43 メルセデス ベンツ 600SL カブリオレ 1997 シルバー

スポンサーサイト
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cm0504.blog103.fc2.com/tb.php/773-960e294b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。