CM☆アイドル★新着ニュース

最新CMの話題を集めてお伝えします。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

<DVD批評>映画「渋谷区円山町」 キラキラ輝く恋の景色 少女らの切ないファンタジー

英字ベルト(ブラック) 定番のHIT商品是非!ぜひどうぞ!再入荷!!!!
 映画とマンガの親和性が高いのは、「絵」という共通項があるからだろう。それだけにマンガ原作の映像化にはイメージのずれもあるが、「渋谷区円山町」は原作ものとしても映画作品としても、完成されたものになっている。

【写真特集】 渋谷区円山町:榮倉奈々「ホテル街を見過ぎ?」 MAKIDAIと舞台あいさつ

 生々しくて切ないリアリティーが、ファンタジックにきらきらと描く。それは本作の原作者・おかざき真里、監督の永田琴の作風にも共通する。「リトルDJ 小さな恋の物語」の永田琴は、「東京大学物語」(原作・江川達也)の脚本、オムニバスの一本「恋文日和・イカルスの恋人たち」(同・ジョージ朝倉)の監督など、これまでも現実とファンタジーがあいまったマンガを映画作品に転換している。

 10代の少女たちが、あこがれや孤独な思いで仰ぎ見る道玄坂の大人の世界。榮倉奈々と眞木大輔がふんする“子供以上大人未満”の教師と生徒の関係。仲里依紗と原裕美子がふんする、“友情以上恋愛未満”の女同士の関係。その構造もまたファンタジーだが、現実の描写も素晴らしい。

 取るに足らない話を続ける西日の帰り道や、水掛けをしてふざけ合う際の午後の一番高い日差し。光にライブ感があって、プリズムのようにきらめく。小道具やセリフに恋愛ドラマの要素を求める作品は多いが、本作は背景と空気感に恋のにおいが漂う。そう、恋をした時だけに見える景色が、画面に描かれているという意味でも、本作はリアルにしてファンタジック...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


プロが認めた画期的なパッティングフォーム練習機!【2個限定】倉本昌弘プロ推薦!パッティング...

スポンサーサイト
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cm0504.blog103.fc2.com/tb.php/712-3e3e9bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。