CM☆アイドル★新着ニュース

最新CMの話題を集めてお伝えします。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

紀州ジグザグ:デビュー21年「ウインズ」7枚目のアルバム /和歌山

fas ギフトセット(カバーオール+プルオーバー)
 ◇和歌山への応援歌を歌い続けて、地方混迷の中で熱い思い--橋本市
 橋本市を拠点に古里・和歌山への応援歌などを歌い続けているデュオグループ「ウインズ」がデビュー21年を迎え、7枚目のアルバム「ウインズ7Album~道~」を発売。9月には和歌山市の県民文化会館で「ウインズLIVE2007in和歌山」を開く。地方の時代といわれながら混迷の度を深め、自信をなくしていく地方。そんな今、話題を呼んだデビュー曲「キンキのおまけ」から最新の「道」まで、「和歌山に誇りと自信を持とうよ」と歌う、その熱い思いにふれてみよう。【上鶴弘志】
 ウインズは、橋本市の平阪佳久さん(48)と亀岡利行さん(48)が、大手レコード会社に所属せず平阪さんの自宅のスタジオ「サウンドスクラップ」を拠点に活動する。86年にバンド「一発逆転」として、和歌山をパロディーにした「キンキのおまけ」でデビュー。93年に解散し、「ウインズ」として再出発。CMソングや2万枚を売り上げた「君が抱きたい」などのラブソングまで幅広い。
 平阪さんは、和歌山の人たちがよく言う「和歌山はあかな」に反発。「どうして生まれ育った古里をけなすのか。その気持ちが和歌山をだめにする」との思いが古里への応援歌を歌わせ、和歌山にいてもプロとして活躍できることを実証しようと古里を離れない。しかし、「キンキのおまけ」は人気になるほど和歌山では不評。単に「和歌山をけなす歌」だと誤解され、真夜中の脅迫、無言電話が続いたという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


健康器具を感じさせないジュエリー志向のデザイン!新発売●純チタンゲルマニウム磁気ブレスレ...

スポンサーサイト
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cm0504.blog103.fc2.com/tb.php/406-85def86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。