CM☆アイドル★新着ニュース

最新CMの話題を集めてお伝えします。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

WSJ-クアルコム4-6月期は24%増益、通期見通しを上方修正

LHL イングランド『7ライオン10』Tシャツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000011-dwj-biz
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)無線通信技術大手の米クアルコム(Nasdaq:QCOM)が25日発表した4-6月期(2007年9月期の第3四半期)決算は、より高性能の携帯電話機へのシフトが引き続き追い風となり、24%増益、19%増収となった。決算は市場予想を上回り、同社は通期の売上高、利益、端末出荷台数の見通しを上方修正した。

クアルコムは、携帯電話端末に使われる半導体チップを販売しており、第3世代(3G)技術に基づいた端末から特許使用料を徴収している。同社によると、3G携帯電話機の需要増大が4-6月期の成長をけん引した。

ポール・ジェイコブス最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会見で、「また素晴しい四半期となった」と話した。

決算はナスダックの取引終了後に発表した。クアルコム株の通常取引終値は前日比63セント(1.46%)安の42.45ドル。その後の時間外取引では上昇に転じ、43.50ドルで取引されている。

クアルコムの強力な特許は、一部のライバル社と携帯電話端末メーカーとの対立を生んでいる。通信機器用半導体メーカーのブロードコム(Nasdaq:BRCM)は6月、クアルコム製の一部の高性能半導体を搭載した3G携帯電話機の新型製品の米国への輸入を禁止する最終決定を米国際貿易委員会(ITC)から勝ち取った。

このITC決定により、携帯電話サービス各社がより高性能の機種を発売する計画に大きな混乱が生じるとみられていたが、米携帯電話サービス大手ベライゾン・ワイヤレスは先週、ITC決定の影響を受ける端末を引き続き入手できるよう、1端末当たり6ドル、全体で最大2億ドルをベライゾンが支払うことでブロードコムと合意したと発表した...

ニュースの続きを読む


収納便利です!【限定品】折畳 欅調経机42cm/仏壇仏具

スポンサーサイト
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cm0504.blog103.fc2.com/tb.php/364-8857f465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。