CM☆アイドル★新着ニュース

最新CMの話題を集めてお伝えします。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

解像度だけで画質は語れない――新ハンディカムの目指した“バランス”

スパンコールで♪フェミ可愛♪完成♪クリアスパンコール付 ボレロアンサンブル《Lサイズ》【1...
 ソニーは、ハンディカムの新製品として3機種をリリースした(→発表記事)。最大100GバイトのHDDによる長時間記録や動画記録にメモリースティックを採用した「HDR-CX7」の登場など、見るべき部分の多い発表だ。同社デジタルイメージングマーケティング部パーソナルビデオMK課の山地明宏氏に詳しい話を聞いた。

【他の画像が掲載された記事】

 山地氏によると、ここ数年のビデオカメラ市場は横ばい傾向にあるが、昨年は価格下落には歯止めがかかった感もあるという。理由はハイビジョン記録タイプの登場だ。

 「ビデオカメラは年間140万台の市場があります。一時期は170万台あたりまで増加したのですが、2007年は昨年と同程度の140万台を見込んでいます(ソニー見込み)。販売単価はほかの製品と同様に下落傾向で、2003年には初めて平均単価で10万円を切りました。しかし、昨年は販売単価が少しではありますが上昇しています。各社がハイビジョンカムコーダーに本格参入した今年は、販売台数のキープと単価アップを期待しています」。

 「市場全体が一気に上がるのは難しいでしょうが、昨年秋に発売したHDR-UX7は、出荷開始当時に販売台数全体の12~13%を占めるほどの支持を受けました。ハイビジョンに対するニーズの高さを表すものといえます。そこで新製品では、ハイビジョン、小型化、長時間記録の3つをテーマにして、ユーザーニーズに合った製品を提供します」。

 「小型化」に関しては製品を見ればすぐに理解できる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


自動巻き腕時計愛用者の必需品!大切な時計を常にベストな状態で保管。ツインワインディングマ...

スポンサーサイト
CM☆アイドル★新着ニュースTOPに戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cm0504.blog103.fc2.com/tb.php/150-d311c13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。